本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

クリアデスク・クリアスクリーンポリシー

2015-03-13
こんにちはいつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます
連日続けての投稿となります
 
現在、弊社ではISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を導入しております。
ご存知の方も多いと思いますが、実はこれISO規格なんです
今回はほんの一部ではございますが、社員一丸となって守っているルールをご紹介したいと思います。
それは「クリアデスク・クリアスクリーンポリシー」です
 
******************************************************************************
ルールその①:クリアデスク
******************************************************************************
・書類を机上で利用又は配布する場合、利用者の離席・不在時には伏せる
・終業時、長時間離席時には机上に放置せず、キャビネットや引き出し等へ戻し保管する
・書類や電子情報媒体は、施錠保管しなければならない
 
******************************************************************************
ルールその②:クリアスクリーン
******************************************************************************
・離席時はPCについてログオフ操作、または電源をオフにする
・PCにはログインパスワードの設定行う。パスワードは大小英数字入りの7桁以上とする
・終業時には使用した全機器の電源をオフにする
・ノートPCは終業時には、所定の鍵のかかる場所に保管し施錠する
・ホワイトボード等への重要な情報の書き込み内容は、使用後に必ず消去する
 
いまの世の中、「情報」というのは非常に価値あるもので、その一方で漏洩等のリスクも高まっています。正直な話、弊社でもISMS導入をきっかけに上記のようなルールを運用していくと目に見えて、オフィス環境はもちろん、社員の意識についても良い意味で変わっているのが実感できています
 
また、リコーではSOD(戦略的オフィスデザイン)というソリューションを通して、セキュリティ対策に特化したオフィス環境構築も行っております。詳しくはこちらをクリック

iPhone豆知識

2015-03-12
画像1
画像2
最近、スマートフォン⇒iPhone6
機種変更した社員がいます。
 
私自身、iphone→スマートフォン→iphone6(現在)
という経緯で進んでいますが、iphoneもどんどん
新しい機能が追加されていますね

そこで、iPhone6の使い方について話す機会が増えていろいろ調べてみました。
今回は便利と思った機能を二つ紹介したいと思います。
 
***********アイコンを下にする****************
 
iPhone6になって、画面が大きくなったことで
画面の上の方ににあるアプリに指が届かないときがあります。
そこでホームボタンを2回タップすることで届く範囲に下がってきます(画像参照)
 
× ホームボタンを2回押す
〇 ホームボタンに2回触れる  
←重要!!
 
この機能は、「設定」⇒「一般」⇒「アクセシビリティ」⇒「簡易アクセス」をONにしている必要があります。
(設定画面は画像を参照)
 
 
 
*********アプリを開かずに返信する**************
 
他のアプリ等開いている際に画面上のほうに
「お知らせバナー」でメッセージやメールの通知が届くことがあります。

この通知を利用して、メッセージに返信が出来る機能が搭載されています。
(これは私も知りませんでした・・・!!)
 
このお知らせバナーが表示されたら、表示されている部分を下にスライドしてみてください。
すると文字を打つところが表示されるので、メッセージを開かなくても返信ができます。
(画像参照)

これでネットや他のアプリを開いている状態でも、その画面のまま返信ができます
(LINEで試してみましたが、出来ませんでした)
 

実際に便利な機能を調べてみて、活用出来そうなものがあれば
進んで取り入れていきたいと思います。

よろしくお願いします。

2015-03-03
ついに佐賀リコピーサービスのホームページが完成しました
 
スタッフブログでは、スタッフが交代して
業務のことから日常のことまで情報提供していきたいと考えております。
また、何かご不明な点等ございましたらお気軽にお申し付けください。
 
今後ともリコピーサービスのホームページを
宜しくお願い致します。

▼お気軽にお問い合わせください

TOPへ戻る